• トップ

建設現場の周辺にあいさつ回り

建設というものは、マンションであっても一戸建てであっても危険であることには変わりありません。ですから、安全確認を怠らないことが大切と言えます。なお、施主が家を建てる作業をするわけではありませんから、何かできるわけではないと思いがちですが、実際に現場で建設作業をする人間でなくてもできることというのはあります。それはあいさつ回りです。一戸建てを建てる際には、すでに周りに家が何軒も建っていることがあります。こうなると安全確認はよりしっかりと行わなければなりません。そして、現場の作業員だけでなく、周辺の住人も気をつけなければなりません。その第一歩となるのが、あいさつ回りなわけです。建設工事が開始される前に、期間的に余裕を持って周りの一戸建てにあいさつをして回って、これからどういった工事がいつから行われるかといったことを説明します。そうすれば、状況がつかめるようになりますから、安全を確保しやすくなるわけです。工事車両が出入りする時間帯や作業の時間帯や内容がわかれば、心の準備をすることができますから、危険防止に役立つことになります。きちんとあいさつ回りをしておけば、常識ある人だということが伝わり、家が完成して生活を始める時にも役に立つものです。

建設の凄い情報

新着情報

↑PAGE TOP