• トップ /
  • 建設工事は騒音配慮が大切

建設前にきちんと近隣挨拶

一戸建て用地を購入して注文住宅の建設をハウスメーカーや工務店に頼む場合、工事中の騒音対策をしっかりと行ってもらう必要があります。一戸建てが立ち並んでいる住宅地に注文住宅を建てる場合、近隣に住んでいる方々に迷惑をかけてしまうと、入居後の関係性に影響を与えてしまうことになるので、騒音対策や近隣への配慮をしっかりと行ってもらうように建設する会社にしっかりとお願いしておくと良いでしょう。通常は注文一戸建て住宅を建設する場合には、事前に担当者が近隣に挨拶に廻ってくれることが多いですが、挨拶に行ったときに不在だった場合などに、そのまま挨拶せずに工事を始めてしまうこともあるでしょう。騒音対策の一つとしては、事前にしっかりと建設工事で迷惑をかけてしまう旨を説明することが肝心です。また、工事を行う時間帯にも配慮する必要があり、早朝や夜間の工事や日曜日の工事はかなり迷惑になってしまうので避けたほうが良いでしょう。騒音対策としては、外部足場に防音性があるシートを貼り付けることも有効な方法となります。また、大きな音が出る作業はまとめて行うようにして、騒音が発生する時間をなるべく短くすることも、近隣への騒音対策となるでしょう。

建設の凄い情報

↑PAGE TOP