• トップ /
  • 建設工事の苦情防止対策

建設工事への苦情を未然に防ぐ

一戸建て住宅などの建設現場では苦情防止対策が重要です。特に騒音と振動の被害に対する苦情は、裁判に発展することがあります。慰謝料や損害賠償が必要となる場合には、工事の費用も増大することになるため注意しなければなりません。より効率的に工事を行うためには、近隣住民とのトラブルを未然に防止することが必要となります。そのため騒音と振動について十分な対策をとることが求められます。建設現場にはマンションや一戸建て住宅など様々なものがあります。騒音などの苦情防止対策の重要性は共通しています。工事現場ではトラックやショベルカーなど様々な機械が稼働し、必然的に騒音と振動が発生します。日本では騒音規制法と振動規制法によって工事現場の騒音と振動が規制されています。さらに環境省が基準を定めており騒音は85デシベルまで、振動は75デシベルまでが許容範囲です。マンションや一戸建て住宅を建設する際には、環境省が定める基準を超えないように十分注意しなければなりません。苦情防止対策をしっかりと行うことで、近隣住民とのトラブルを未然に防止することができます。裁判などに発展する可能性を事前に防ぐことで、工事費用の増大を抑え効率的な工事を可能とするのです。

建設の凄い情報

↑PAGE TOP